シェアリングエコノミーを代表する企業のCEOが語る – RE-Business

シェアリングエコノミーを代表する企業のCEOが語る

「シェアリングエコノミー」世界の常識が日本を急襲する
〜2025年市場規模10兆円シフトの流通イノベーション〜



==ズバリ内容をまとめると===

●シェアリングエコノミーが日本の流通を根こそぎ変える

●国内GDPの約10兆円がシェアリングエコノミーにシフトする

●プラットフォームを創る会社が今、一番強いという事実

●日本を代表する3つのシェアリングエコノミー注目企業

●あなたもプラットフォーマーになろう

================

「メガトレンド」という言葉をご存知だろうか。

これは世界のあり方を変えてしまうほどの力を持った経済のマロな動きのことを言う。
今、世界の常識が日本を急襲しようとしている、それが「シェアリングエコノミー」だ。

まさに世界的にメガトレンドとなりつつあるこのシェアリングエコノミーについて今回は重要な情報をご提供しようと思う。

シェアリングエコノミーとは、

使われていない個人の遊休資産を共有することで金銭を得るという経済活動を指す。

もっとわかりやすく言えば、

通勤中の車内の空席を誰かとシェアしてお小遣いを稼いだり。

子供が巣立った老夫婦が住む家の空室を旅行者に貸し出してお小遣いを稼いだり。

自分の空いている時間を誰かにシェアして簡単なタスクを手伝った見返りとして金銭を受け取ったり。

使われていないモノ、使われていない人(時間)、使われていないお金。

日本中には「使っていないもの」が山ほどある。

逆の言い方をすると、使っているものよりも、使われていないものの方が多いくらいだ。

こうした個人が持つ遊休資産をインターネットを介在して、個人と個人が共有し合うことが簡単にできるプラットフォームサービスが続々と誕生している。

これらの登場と躍進を牽引しているのが、スマートフォンの登場だ。

モバイルシフトにより、今までは「不可能」だとさえ思われていた常識が、

今まさに世界の流通形態を変えてしまおうとしている。

全ての商品やサービスが販売ではなく「シェア」される時代がやってくる。

しかもその経済規模は日本国内だけで2025年に10兆円へと拡大する予測が立てられている。

10兆円という数字は日本のGDP2%に相当する。ただし勘違いしてはいけないのが、

日本に新たなGDP2%を底上げする産業が誕生するのではないということだ。

これまで存在してた既存のマーケットがシェアリングエコノミーによって

10兆円規模シフトするということだ。

つまり、小売、サービス、物流など全ての産業においてこのシェアリングエコノミーというメガトレンドが巨大な影響を及ぼす可能性がある。

スポンサーリンク

何も危機を煽りたいわけではない。

これは明らかにチャンスなのだ。

大手企業が独占していたマーケットを突如として個人や中小規模の会社が奪い取ることができてしまう。

こうしてシェアリングエコノミーの波に乗り、実際に結果を出している日系企業がいくつもある。

しかもそのほとんどが決して大手企業ではなく、創業間もないベンチャーだ。


①株式会社ランサーズ

空いている時間とスキルのシェア。加速する成長、国内最大級のクラウドソーシングプラットフォームを運営する。

ランサーズは間もなく取引累計金額1,000億円突破。それも創業からわずか8年という期間でだ。


②株式会社akippa

大手企業が牛耳るコインパーキング業界に突如現れた風雲児akippa。

空いている駐車場スペースのシェアリングプラットフォーム運営で、事業開始からわずか2年で拠点数業界第3位。2017年には業界第1位を獲得する破竹の勢いで成長している。


③株式会社スペースマーケット

会議室から無人島まで時間貸ししてしまう、空きスペースシェアリングプラットフォームを運営。
今話題の「民泊」へも今年の春から参入する。創業からわずか2年で掲載物件数4,000件を超える驚異の成長スピード。


上記3社は全て日本でシェアリングプラットフォームを運営する事業を行っている。

そして驚異的なスピードで規模拡大中の注目企業だ。
シェアリングエコノミーが創る日本の新しい未来、そして流通イノベーションは
この3社を抜きに語ることができないだろう。
▼▼注目3社の社長が語るシェアリングエコノミー▼▼
http://www.funaisoken.co.jp/lp/seminar007146.html

またこれからのビジネスにおいて、いかにプラットフォームを創るか、

そしてそれらをいかにスケールさせていくか。
今日の日本経済をリードする企業のほとんどが、このプラットフォームを自ら創り出している。

プラットフォームを創った者がビジネスの主導権を握ることができる。

<<あなたも無料特典を手に入れよう>>
シェアリングエコノミーがわかるスライドPDFダウンロード