リペアマンが一番強い – RE-Business

リペアマンが一番強い

スポンサーリンク

僕はとてつもなく、面倒くさがり屋さんなのです。

突然何言い出すねん!!

 

って話ですが、まぁ聞いてください。長くありませんので。

僕が「面倒くさがり屋さんなの」と言うと、だいたいビジネスで関わっている方々は、

「どこがやねん!!めっちゃマメやないか!!しかも仕事のクオリティーも高いし」

とお褒めの言葉を掛けていただくことが多いわけですね。

でも、これ実は面倒くさがり屋だからこそ仕事細かいんです。

後で発生する面倒やトラブルの方がもっと面倒なんです。僕にとっては。

例えば今夜、お友達3人で仕事終わりに急遽ご飯を食べに行くことになったとしましょう。

気の知れた仲間同士で行くので、まぁ店はどっか空いてるところに入ろうか!!

みたいなノリにだいたいはなると思うのですが、僕はこれ面倒です。なぜならもし2、3軒店を覗いたところ、

 

「すいません、今満席なんです」

 

と断られる可能性が高い。もうこれが僕にとっては面倒なので、あらかじめお店を予約してから向かいます。

 

他にも。

前回ロンボク島へのサーフトリップ記事を書きましたが、これも「あんたマメやな〜どこが面倒くさがり屋さんやねん!」

と言われましたが、これも同じです。

 

旅先の情報を先にインプットした方が、後で現地に行ってから「何食べよう?」「どこ行こう?」「これ何やろう?」「これ日本円にしたらいくらやろ?」とか現場で迷ったり、困ったりするのが面倒なんです。

だから事前に可能な限り情報をインプットしてから旅に出ます。宿泊させてもらうお部屋のホストとも事前に自分で持参しておくべきアメニティーが何かを聞いたり、連絡先を確認したり。

一見マメで入念な奴だと思われるかもしれませんが、実はそれを面倒だと思うよりも更に、その先にある面倒が嫌なんですね。

ビジネスにおいても同じです。

タスクの管理やスケジュールの管理はほぼ完璧にします。

面倒くさがり屋だからこそ、いかに自分が楽できるかを考えに考え抜いた結果、こういうことやってます。


リペアマンの時代

img_3566

img_3571

『面倒くさがり屋さん』の話にも共通するかもしれないけど、僕ね、メンテナンスとかリペアが好きなの。

でもプロフェッショナルじゃなくてホビー的に好きなだけ。しかもそのメンテ|リペアのジャンルは結構広いの。

例えば僕の愛車はVWのオンボロアンティーク車なので、しょっちゅうメンテナンスをしてあげないといけない。

できるだけ故障しないように、事前にメンテナンスをしっかりする。上の写真がそれ。カーナビとオーディオを設置してやろうと思い自分で配線を悪戦苦闘しながら進めてる絵。

 

下の写真はサーフボードのリペアの絵。最近自分でもサーフボードのメンテナンス|リペアに挑戦中。

サーフボードもちょっとした小傷を放っておくと、そこから水が浸水してきて気付かない間に使い物にならない!!!

なんてことが普通にある。もしそうなったら面倒やん!!新しい板を買うために、お金貯めて、奥さんを説得して、何軒かショップはしごして、デザイン選んで、サイズ決めて・・・・・

もうこれ考えるのが面倒なの。それならメンテナンスとリペアに力入れよう!!

みたいな。。。

 

僕がお世話になってるリペアショップのオーナーさんとこないだ話ししてたんやけど、彼がこんなことを僕に語ってくれたんですね。

「今度リフォーム会社やろうかと思うねん」

「やっぱり俺こういう修理とか好きやねん」

「リペアマン最強やで、ほんま」

「リペアの商売は原価自分やからエエねん」

「パチッッ!!と直した時にお客さんがめっちゃ喜んでくれるねん。俺その顔見てたらもうこの商売辞められへんねん」

心に刺さった台詞だけまとめてますが、それはそれは熱い話を缶コーヒーを飲みながら語ったもんでした。

スポンサーリンク


REビジネスの王者

Portrait of a Beautiful lion, lion in the dark

Portrait of a Beautiful lion, lion in the dark

 

REビジネス(レンタル|リユース|リペア)において、やはり改めて最強と言わざるをえないのがリペアだ。

正直リペア技術さえあれば。というかこの技術が高ければ高いほど。レンタルだってリユースだって商売にできてしまう。

 

実際に僕のクライアントさんだってそうだ。溶接ロボットのメンテナンスとリペアを専門でやってきた松栄テクノサービスさん。

ロボットのレンタルサービス

ロボットの中古買取販売サービス

を事業として何もうまく成功させている、伸びている。

市場で使い物にならないボロボロの中古ロボットを瞬く間に綺麗に再生させる姿を何度も見てきたけど、それはそれは感動的だ。

やっぱりリペアマンはかっこいい。

 

そしてビジネス的にも王者であると本音で思う。これからの時代はリペアマンがビジネスを正しく育て、伸ばしていくことができる。

単刀直入に言うと、リペアの商売をされている小さな会社が業績を上げ、夢を実現するためのストーリーは以下の順番

 

Step1:月次支援を商品化する

修理会社は基本的に「待ちの商売スタイル」なんです。別に悪口じゃなくて事実。

お客さんに営業に行ったって、故障してなかったら必要ないので営業しようがない。だからお店で待っているしかない。

でも伸びようと思えば当然、それではダメだ。

マーケティングとセールスという経営概念を押し込んでいかんければいけない。

しかしマーケティングもセールスもこれまでに経験がないので、一体全体どうしたらいいのかわからない。。。。

でも、大丈夫!!!

定期訪問型のメンテナンスを商品化すればいい。

・訪問診断

・月次支援

・保全支援

考えてみれば商品化できそうなものはいくらでもあるだろう。しかもそれが必ずお客様のためになるんだ。リペアマンの場合は。

経営的にも的訪問型商品の契約件数が増えれば増えるほどストック収入になり、経営が安定。つまりその分チャレンジも可能になるわけだ。

 

Srtep2:リユースビジネスへのチャレンジ

まずはリペアで扱っている商品からスタートすること。大きな投資も必要とせず、すぐにできるからGood。

リユースビジネスの場合は「買取」がポイント。

セールスはまだしなくていいから、まずはリペアでお付き合いしている既存のお客さんにDMか店頭手配りチラシでいい。

「不要な○○ございましたら買い取ります」という文句だけでいい。もしできるなら「買取参考価格」を掲載するといい。

これでまずは10アイテムくらい買取してみればいい。そしてそれを得意のリペア技術で直し、綺麗にする。

買取原価とリペア原価に利益を乗せて販売する。

たいていの商品はヤフオクとかのネットオークションで売れるからまずここからやってみるといい。

 

Step3:レンタルビジネスへのチャレンジ

レンタルこそ最強のストックビジネスだ。ここへの参入はメンテナンスとリペアだけでなくクリーニングのスキルも必要。

とは言えリペアマンからすれば決して難しい課題ではない。必要なのは品揃えをするための資金力くらい。

まずは100アイテムからスタートしてもいい。もちろん自己資金だけでもいいが、ファイナンス会社を利用するのもいい。

よく「レンタルやりましょう!」と初めての方に告げると、

「いやいや、そんな資金力ありません」と言われるのですが、別に資金がなくてもレンタルビジネスはできる。

世の中にはローンというものがるからだ。

例えるならば車のローンと同じ。車1台のローン支払い額が毎月1万円だとして、

レンタカーを10台揃える。

すると毎月のローン支払額は10万円。

レンタカーの貸し出し料金を1日5,000円にして、毎月15日稼働する。これが10台あれば毎月の売り上げは75万円。

売上75万円 ー ローン10万円 ー経費20万円 =利益45万円みたいな。

 

ぶっちゃけ小売よりもリスク低いビジネスだと思うけどな。。。毎月の支払額が一定なので経営はしやすい

在庫を抱えることもなく、最悪経営が危なくなったら資産(減価償却済みのレンタル商品)を売却すればしのげる。

「レンタル会社不敗神話」という言葉が実在するのには意味がある。仕組みがある。


リペアマンに本気で伝えたい

自らアフター市場を創る事業開発.001

REビジネスの業界史上最強の戦士がリペアマンだと思ってる。

でもそんなリペアマン(リペア会社)はとにかく商売が下手くそだ!!

すごい腕を持っているが、9割の社長がビジネスマンではなく職人なの。

そんな職人気質だからこそ、かっこいいんだけどね。

そんなリペアマンに真剣に、そして僕が本音でお伝えしたいことがあるので1つのプライベートセミナーを企画した。

修理業界ビジネスモデル革命セミナー

  • 【第1講座】 会社にマーケティングという視点を入れ込む 13:00~14:00
    ● 機械修理業界を取り巻く経営環境の変化と時流予測
    ● 自らアフターマーケットを生み出す方法
  • 【第2講座】 同業者の成功と失敗事例から学ぶ 14:10~15:20
    ● 診断メニューの商品化で一気に業績を上げた修理会社の歩んだ道
    ● 経験ゼロから始めた中古買取販売事業で世界と戦う中小企業へ
    ● 修理業経営の「成功」と「失敗」ルール化
  • 【第3講座】ズバリこれから始めてください ~まとめ~ 15:30~16:00
    ● 自社でもデキる即時業績アップ手法まとめ(商品編|営業編|PR編)
    ● ご参加特典「これを使って明日から業績アップ」
  • 【個別相談】 16:00~16:30
    1企業様15分限定で専門コンサルタントが質疑応答に個別でご対応させていただきます(希望者のみ)

 

実際の成功|失敗事例はもちろんの事、かなり具体的なところまで落とし込んでお伝えしようと思う。

だから今回は20名参加までのかなりスモールなプライベートスタイルで開催する。

ビジネスとしての成長と社会的なミッションを持つリペアマンには是非とも聞いていただきたい。

お申し込みと無料企画書進呈はコチラ>>>>

スポンサーリンク


 

<世界一自由なサラリーマン>

Sho Fujimoto/藤本翔

藤本翔 | Sho Fujimoto Mobile🌏Bohemian | Artist 💻| CD | 6months Living🏡Osaka ✈︎ 2months work at 🏢Tokyo ✈︎ 4months Traveling🌏World | Love my Family💓