レンタルビジネスの会計管理 – RE-Business

レンタルビジネスの会計管理

さて、今回はレンタルビジネスの会計管理について少しだけ触れておきたい。

ぼくらは毎日様々なレンタル業の経営にたずさわり、そして数多くの新しいレンタルビジネスのプロデュースを行ってきました。

取り扱う商品によって、当然その会計処理方法は変わるが、ここでは一般的にレンタルの原価の算出方法であったり、価格の設定方法であったり。

その会計処理のポイントをザックリまとめて紹介する。

「レンタルビジネスの経営は他の業種と大きく何が違うのか?」

「どうすればレンタルビジネスってうまくいくのか?」

 

レンタルビジネスの原価

Fotolia_53944767_Subscription_XL

どんな商売にとっても売上原価は存在する。

例えば僕が300円で仕入れてきた商品を800円で販売するビジネスをした場合

売上:800円-原価:300円=粗利:500円となる。
売上があって、それに直接かかった費用が売上原価で、その差額が粗利になる。
これは、どのビジネスでも一緒。

では、レンタルビジネスではどうなるか?

 

例えば、1,000万円かけてスポーツカーを買って、これをレンタルする場合について考えてみます。

毎年300万円分レンタルで稼げるとすると、

<1年目>
売上:300万円-原価:1,000万円=粗利:▲700万円

<2年>
売上:300万円-原価:0円=粗利:300万円

とこんなシンプルにはならない。

 

1回買ったスポーツカーはおそらく数年レンタルできるので1年目で全部原価にして、2年目以降原価がかからないと考えると実態からずれた結果になってしまう。

レンタルできる期間に応じてその価格を毎年の原価に振り分ける必要が発生。

これを減価償却と呼ぶ。

 

例えば、100万円で買ってきた時計をレンタルする場合、時計の原価償却期間が10年なので(減価償却の期間についてはこちらを参照)これを毎年「定額」で償却する場合1年あたりの原価は10万円になる。

 

レンタルの原価はコントロールが可能

Fotolia_78736841_Subscription_XXL - コピー

実はレンタルビジネスの経営が上手な経営者はこのレンタル原価という部分で会社の利益をコントロールしている。レンタル業は他の業種と比較して売上原価を帳簿上の処理だけでコントロールする事が可能。

例えば、あなたが120万円の家具を仕入れて今年100万円のレンタル売上を稼いだ場合

①全部消耗品(価格10万円以下のもの)の場合
期中に一括償却できるので
売上:100万円-原価:120万円=粗利:-20万円

②5年定額償却の場合
5年間で費用を均等に分配するので
売上:100万円-原価:24万円=粗利:76万円

③5年定率償却の場合
5年間、年率で費用を分配するので
売上:100万円-原価:37万円=粗利:63万円

という3パターンの粗利額になる。これは帳簿上の操作だけで実際に支払っているかかっている費用は変わらない。

この記事を読んでいただき、「単品ごとの料金設定やレンタル原価の算出はどうやるの!?」というお声をたくさん頂戴するので、これについてはぼくのnoteでかなり細かく解説しているのでそちらをチェックしてほしい。

この単品ごとのレンタル原価算出はある意味レンタル業経営のコアとも言える部分。

関連note:レンタル料金の設定基準|SHO|note

 

簿外の資産が増えて・・・

Fotolia_94198328_Subscription_XL

賢い会社は早く償却して、「簿外のレンタル資産」を増やす。「簿外のレンタル資産」とは企業の財務三表に現れないレンタル資産の事。何も脱税をしたり資産を隠したりして「簿外」の資産を誕生させるわけではない。

簿外の資産とは「償却を終わらせた資産」の事を指す。

償却済みの資産が多い=利益率が高い体質になる

 

上手く償却額をコントロールして経常利益をコントロールして利益をださずに、含み資産の高いレンタル会社を目指してただければ幸いだ。

 

レンタルビジネスの成功と失敗

studentin lernt für eine prüfung

会計管理だけが得意でも、レンタルビジネスを成功させられるとは言えません。

大切なのは「レンタル」と「物販」の決定的な違いを捉えた上で商品を選定することです。

また、その価格設定も同じように重要です。

いかに関連する記事も紹介しておきます。

●レンタルビジネスを成功させるもの失敗させるもの

●儲かるレンタルビジネス 〜商品の選び方編〜

 

関連人気note:『持たざる経営』を導入し固定費という呪縛から脱出せよ

関連人気記事:レンタル事業者が準備すべき保険・補償体制


レンタルを中心としたストック型ビジネスモデルのネタ帳noteもやってます▼▼

note_logo_catch

ブログでは書けないことが書かれています。1記事100円からご購入いただけますので、ぜひ覗いてみてください。


年間500冊読む藤本翔がお勧めするBooks】

Female student studying at college library「知識は人生を豊かにする」という諸葛孔明の言葉が大好きです。ぼくが読んだ本の中で特におすすめの本をプチ書評と一緒に紹介しています。


Sho Fujimoto/藤本翔

藤本翔 | Sho Fujimoto Mobile🌏Bohemian | Artist 💻| CD | 6months Living🏡Osaka
✈︎ 2months work at 🏢Tokyo ✈︎ 4months Traveling🌏World | Love my Family💓

スポンサーリンク

●今日も元気にTweet中ですよ〜