レンタル業界に起きている「WEB革命」は業界再編の引き金となるか – RE-Business

レンタル業界に起きている「WEB革命」は業界再編の引き金となるか


レンタルを中心としたストック型ビジネスモデルのネタ帳noteもやってます▼▼

note_logo_catch

ブログでは書けないことが書かれています。1記事100円からご購入いただけますので、ぜひ覗いてみてください。

 


 

レンタル業界に、今インターネットをプラットフォームとした全く新しい業態が誕生している。

このインターネットをこれまでの業界常識以上に活用したビジネスを私たちは、

レンタル業界における「Web革命」と呼んでいる。


レンタル業界に起きている「Web革命」は業界再編の引き金となるか

先日とある輸送機器系のレンタルを展開されている会社さんとお話していたら、

「第三勢力の脅威」という言葉が頻繁に登場した。

ずっと昔からレンタル業を地元でマジメにやってきた会社にとって、今驚異的な存在が、

Webを切り口とした異業種からの新規参入。

第三勢力と呼ばれる彼らは、ITベンチャー系の会社であったり、これまでは下請けだった業者が突然“競合企業”になったりする。

要するにWebマーケティングは単なる集客の手法ではなくて、BtoCにしろBtoBにしろ業界の構造をゴロリと変えてしまうほどの力を持っているということ。

例えば最近話題になっている「ファッションレンタル」のWeb革命を取り上げてみたい。

スポンサーリンク


◆ファッションレンタル業界の注目カンパニー(1)◆

airCloset(エアークローゼット)

月額6,800円支払えば何着でも洋服が借り放題のWebレンタルサービスで、

OPEN前から開始した事前会員登録は4万人を超えた。
またOPEN後の有料会員登録は数千件獲得とのこと。

特徴はプロの専属スタイリストが付くという点。

AI(人工知能)ではないが、回数を重ねるごとに利用者の趣味や思考がプロファイリングされていき、より好みに合うスタイルが届くようになるという仕組み。ここを売りにしている分、利用者が好きな洋服を選ぶことができない。

私が個人的にairClosetを見ていて感じるのは、『予約客を集めることでGoodなスタートダッシュをきった』
Webレンタルはもはやショップ(店舗)という考え方をした方がいい。

無闇に営業拠点数を増やしていくよりもコストが安くて時代に合ってる。

airClosetの場合、事前にメディアやSNSをフル活用し、OPENの数ヶ月前から事前販促活動にコストをかけた。

「もうすぐ女性向けお洋服の借り放題サービスが始まるよ~」と高いビジュアル写真と動画で予約客に会員登録させた。

これが4万人集めたマーケティングだ。

予約客が多くいるビジネスほど、失敗はしにくい。


◆ファッションレンタル業界の注目カンパニー(2)◆

Laxus(ラクサス)

こちらも同じく定額制のWebレンタルサービス。価格はairClosetと同じく月額6,800円で無制限借り放題。

特徴はブランドバッグに特化した品揃えで1,000アイテム以上を揃えている。

独自のアプリを開発しており、ユーザーにとってはまるでスマホの中に1,000個のブランドバック部屋を手に入れたようなものだ。

個人的に注目している点が、2つある。

1つが「所有欲」との戦いだ。ブランドバッグに目をつけるところ自体は素晴らしいと感じる。

何せ女性はバッグが大好きで、多くの場合、洋服に合わせてバッグを選ぶのではなく、

バッグに合わせて洋服を選ぶというのだから、女性にとってファッションのコア的存在だ。

つまりこうしたファッションにおけるコアコンテンツ的なアイテムは所有欲と戦わなければいけない。
コレクション的な欲求もあるため、いかに「使用欲」とマッチングさせるかがポイントになるだろう。

私の仮説だけど、Laxusのヘビーユーザーは富裕層。

芸能界やモデル、業界人などが多そう。なぜなら彼らは既にファッションは借りるもの(衣装)的な認識を持っているから。
2つめが「品揃えバランス」バッグや車、アクセサリーなどはある特定の人気商品にユーザーが集中する傾向がある。

しかも時代の変化に応じてその対象も常に変化する。これは販売だけでなくレンタルも同じだ。

1,000個の品揃えとLaxusのWebサイトには書かれてあるが、

その品揃えバランスが最適化されているのかが収益化のポイントだろう。

会員登録したはいいが、いつも借りたいバッグが「在庫なし」だとレンタル会社として大きなミスとなる。

スポンサーリンク


◆ファッションレンタル業界の注目カンパニー(3)◆

SUSTINA(サスイティナ)

unnamed

まずこちらはスマホサイトで見た方がいいでしょう。

そうすれば全容が明らかになります。そもそも女性アパレル(女性向け商品全般)はスマホがインターフェースとなるので

PCサイトなんて別になくてもいいんです。

さてこのSUSTINAは私個人的に一番注目しているWebレンタルサービス。

先に紹介した2つのWebレンタルサービスと同様に定額制の借り放題だ

が、まず月額料金が5,800円と安い。

そして1度に5点まで常に持つことができて延長料金もかからない。

つまり気に入ったらずっと持っていていいわけだ。

またその業態が面白い。

これらレンタルできる洋服の大半がリユースなのだ。
つまり中古で買取った商品をレンタル在庫としているのがSUSTINAの面白いところだ。当たり前だけど収益性が高い。
街中にあるリサイクルショップに並んでいる洋服がレンタルでいつでも5着選びたい放題できるイメージ。

まさにシェアリングに近いプラットフォームだ。

ただしこのモデルにも乗り越えなければいけない壁がある。
それは仕入れ量の安定だ。仕入れがリユース、つまり中古洋服の買取に

なるため、特にブランド物は競合他社との買取競争になる。

今では宅配買取という新しいシステムが登場してはいるものの、洋服となるとまだまだ実店舗での買取りが質、量ともに安定している。
洋服を売る人が最も求めていることは「即現金化」である。

だからこそ、今すぐ店に持ち込み、今すぐ現金化して欲しい。

信用取引のシステムをしっかり構築すれば、オンラインでその場査定をし、

即銀行振り込みというサービスを開発することができれば、新しい買取ビジネスの王様が誕生するだろう。

SUSTINAがそうなるかどうかは分からないが、現時点で借り放題プランを提供できる顧客巣が限定されている点をみると品不足感がいなめない。

さてここまで女性向けアパレルレンタルの主要プレイヤーを3つほど紹介してきたが、これらを運営する会社の概要ページを是非見て欲しい。いずれもレンタル会社ではないということに気が付く。

ITベンチャーがほとんどだ。

まさにこうした全くの異業種からレンタルにWebという最強の武器をひっさげて突如現れるケースが増えている。
今はまだBtoC向けのサービスが多いが、今後は確実にBtoB向けの機械レンタルのマーケットにも第三勢力がWebという武器をかかげて光のようなスピードで業界の常識を覆すことが予想される。

これこそがレンタル業界におけるWeb革命だ。


レンタル業界に起こる「Web革命」を徹底的に分析し、
自社の時代に合わせたWeb戦略がたった1日で具体的に分かるセミナー

unnamed (1)

レンタル業界で起きているWeb革命の一部を紹介したが、

「では具体的にうちの会社はどういったWeb戦略を取るべきなのか!?」

というお声に全力でお応えするために真夏の8月に大阪と東京2会場でセミナーをご用意。

▼▼セミナー詳細、スケジュールは以下より▼▼

レンタル業界Web集客革命セミナー オフィシャルサイト

「うちはWebで注文が来るような業界じゃないから・・・・」

という社長にも是非お越しいただきたい。

【第1講座】 レンタル業界Web集客革命の全貌

● Webを通したレンタルのマーケットが今こう変化している!
● 来店客数が爆発的に増加したWeb活用成功事例を徹底解説
● あなたのお店に来たい!と言わせるホームページ作成ポイント
<講師>株式会社 船井総合研究所 レンタルビジネスチーム 鈴木 亮平

【第2講座】 宅配レンタル必勝ロード
● 失敗しない、宅配レンタル商材を選ぶポイント
● 宅配レンタル成功事例公開
● 購入検討者に借りさせる“ライフスタイル提案”の極意
● 成功するWeb宅配レンタルのホームページ作成ポイント
● 商品管理~入出庫管理まで宅配レンタルのオペレーションフロー解説
● リピート率を上昇させるレンタル会社のCRM戦略
<講師>株式会社 船井総合研究所 レンタルビジネスチーム 鈴木 亮平

【第3講座】 2020年 レンタル業界のWebマーケティングはこうなる
● リアル店舗とWeb店舗の役割と最新事例
● これからヒットするレンタル商品はこれだ!
● 時代に合った業績を伸ばす会社の「値決め」と「経営」
<講師>株式会社 船井総合研究所 レンタルビジネスチーム チームリーダー 藤本 翔

【第4講座】セミナーご参加者特典 マンツーマンWeb戦略アドバイス
セミナー終了後、貴社のWebサイトに対して課題解決策をズバリその場でアドバイスさせていただきます。レンタル業、Webマーケティングに精通したコンサルタントが最新情報から導かれるノウハウをご提供します。
※事前お申し込みが必要です。同封のお申込用紙の「セミナー当日、無料経営相談を希望する」にチェックしてください。
◎先着10社様◎