仮想世界と現実世界のコラボで新しい価値を – RE-Business

仮想世界と現実世界のコラボで新しい価値を

こんにちは、こーすけです。

もうお盆ですね。昨日は東京から京都への新幹線がエライことになってました。

全国を回る仕事の傍、

隙間時間でポケモンGoを起動してたらいつの間にか100匹に届きそうな勢いです!

わお!

 

それにしても、

ポケモンGoの売上は1ヶ月で2億ドル突破したようです。

すごいですね〜!

 

僕がポケモンGoに関して

個人的に関心を持っている部分は仮想世界と現実世界の混合させているという部分

 

ポイントはARという技術で、

ARとは一言で言うと「拡張現実」ということです。

 

意味不明ですね笑

 

ようは、コンピュータを使って、現実の風景に情報を重ね合わせて表示する技術です。

 

こんな感じ。

スクリーンショット 2016-08-11 17.20.37

現実の机の上にはレポートしかありませんが、タブレットを通して見たときに数字が追加されていたり、グラフが立体的になってますね。

これがAR(拡張現実)という技術。

そう、まさにポケモンGo!

IMG_6828

1197CFE1-D548-4C6C-B419-261A88B5DBF7

ポケモンGoというアプリを通して、現実の地図情報や背景にポケモンが出てくる。


実はまだ普及されると予想されてなかったAR

Mad agressive man designer looking on monitor and shouting

Mad agressive man designer looking on monitor and shouting

このARというのはまだまだファーストステージで、現時点での代表プレーヤーはMicrsoftやGoogleといった企業。

Googleは以前に話題になったGoogle Glassやセカイカメラ等。

Googleのこれらのプロダクトは少し早かったと言われてますね。

それくらい、

このARがまだまだ初期段階で、普及するのは2020年ごろだと言われていました。

 

それが、

このポケモンGoでバッコーンと普及してしまったんです。

 

厳密にはポケモンGoはARにカテゴライズすべきではないという声もありますが、それでもARを推進することに対してかなりの貢献をしていると思います。

 


これからデジタルを中心とした社会へさらに加速する

Drawing businessman with statistics background

Drawing businessman with statistics background

ポケモンGoの面白いところは、仮想世界と現実世界のコラボです。

そして、これはゲームの市場だけでなくあらゆる市場でデジタル化の流れが加速していきます

いわゆる、デジタルトランスフォーメーションというやつです。

デジタルトランスフォーメーションは大きく4つの要素があります。

1)クラウド化

2)ビッグデータ

3)ソーシャル化

4)モバイル化

 

これら4つの要素を中心に新しい技術やサービスが存在します。

AI、シェアリングエコノミー、IoT、VR/AR、Fintechなどなど。。。

ニュースや書籍で度々登場するワードたちです。

 

これらのバラバラのワードたちですが、共通する価値が一つあります。

 

ユーザーエクスペリエンスの向上です。

 

リアルの活動をデジタルで管理・分析・処理し、リアルへ還元することで、

リアルのユーザー(私たち)にとって、新しい経験価値を創造することが可能になります。

 

IoTを使えば、レンタルも利用課金が可能になります。

ブロックチェーンで中央管理型の社会から分散型の社会へ移行するし、

ARで現実のマップにポケモンが出てくるし。

 

デジタルを中心とする社会への移行がもっと加速すれば、それは僕らの生活や仕事にもっと価値を与えてくれることになります。

 

というわけで、

「ポケモンGo飽きた〜。やっている人見ると恥ずかしいし〜」とか言わないで、向かいの席の人たち。

 

【もっと詳しく知りたい方へおすすめの書籍】

1)ブロックチェーンの衝撃

→Fintechやブロックチェーンを学びたい人におすすめ

2)インターネットの次に来るも(ケヴィンケリー)

→デジタルトランスフォーメーションの流れ全般を掴みたい人におすすめ


 

<この記事のライター>

清水こーすけ

Instagram → https://www.instagram.com/shimizu_kosuke/