外から日本を見ようじゃないか – RE-Business

外から日本を見ようじゃないか

スポンサーリンク

昨日はとあるクライアント社長からとってもいいお話をもらったので共有したい。

というか自分を奮い立たせる備忘録でもある。


日本が一番いい国という勘違い

Double exposure of woman using the virtual reality headset

Double exposure of woman using the virtual reality headset

誰しも母国を愛し、この国が一番素晴らしい国だと思うだろう。

僕だってそうだし、多くの日本人がそうであってほしい。

しかし世界を見ると、日本がいかに厳しい環境になるかを痛感させられる。

世界のポテンシャルを図る一番シンプルで正確な指標の1つが「人口」だ。

人口が増え続ける国家は中国にしてもインドにしても当然勢いがあり、

GDPも上昇。

その反面毎年人口が減少し、国民の平均年齢がついに50歳代に突入した日本

人口という最も分りやすいポテンシャル指数が低迷している。

これは周知の事実ではあるが、危機感として体感している国民は正直少ないと思う。

「とは言え別に国が潰れるわけじゃないし」

「知ってるけど別に俺には関係ないし」

「どうしようもないやん!」

みたいな!?まぁ僕自身もこの人口減少に関して特別具体的な人生計画を立てているわけでもないが、

常にあらゆる会社の経営に関わっているため、マーケットの調査やマーケティングプラン構築の際にはいつも「あ~これ2、3年しかもたへんな・・・」みたいな結論に至ってしまうケースが多い。

逆にベトナムやミャンマーで仕事をすると、ほぼ何をやっても当たる。

例えばFacebookページを作って商品PRをしても日本では考えられないくらい反響があり、売上に繋がる。

店を開けばOPEN日には数百人の行列ができる。

言葉の表現はよくないかもしれないけど、「入れ食い状態」という減少を目の当たりにする。


安い国、日本

Fotolia_118961098_Subscription_Monthly_M

もう日本は経済的に豊かな国ではなくなった。

こないだとある若者と話をする機会があった。

「外国人観光客が増えたね~」みたいな何気ない会話の中で、彼が

「日本は世界の憧れの国やから」

「いっぱい日本にアジアから観光客が来ても彼ら収入が低いからあまり買い物しない」

「爆買は中国人だけ」

みたいなことを言ってたけど、もうこれは違う。。。

日本に来てるアジア系の多くは日本の平均世帯収入の10倍以上ある。

なぜ彼らが日本に沢山来るのか?

アジアで一番、良いものが、安く買えるからだ。

安い国、日本で豪遊していると思って貰えば良い。

一昔前は逆だった。日本人が東南アジアへ遊びに行けば10万円持ってけば1か月豪遊できる!

みたいな経済格差があったが、もうこの差はない。いや逆転していると言っても良い。

友人の友人の話で恐縮だけど、

彼はキャバクラを東京で4店舗経営している。そこで働くキャバ嬢たちの上得意客はもう日本人じゃない。

アジア圏の大富豪を捕まえて結婚するなんてことは日常になっている。そうだ。。。

「日本の女は美しくて安いから最高だ!」と言われている。

これを聞いて僕は「あ~もう逆転してもうたな」って肩を落としてしまった。

あと5、6年もすればすれ違う美人の日本人女性の隣にはいつも、

中国人、タイ人、ベトナム人、シンガポール人・・・・・みたいになる。


もう自分で動くしかない

Businessman using laptop with tablet and pen on wooden table in coffee shop with a cup of coffee

Businessman using laptop with tablet and pen on wooden table in coffee shop with a cup of coffee

悲観的なことばかり書いてても仕方ない。日本男子(女子?)の肩を落とすことが目的じゃない。

僕自身もそうだ、別に日本のため!みたいな大それたことを考えるほど僕は偉くない。

最初は小さいところからモチベート上げていけばいい。

それが結果的にお国のためになるかもしれない。

自分のためでいい。

何くそ!外国人に日本人が負けてたまるか!」とか。

日本の女は俺のもんだ!外人に取られてたまるか!」とか??

僕の場合は家族のためにかな。

『変わり続ける変化に対応し、ファミリーがいつも幸せで、表現活動(人生)を楽しむために』みたいな。

まず手っ取り早く何をすればいいのか。

僕なりのメモを共有しますと,,,

・とりあえず海外へ定期的に行く(ビジネス|プライベート)

・目的は後で考えてひとまずスケジュール押さえる

・子供達も「早いかな?」くらいでとりあえず連れて行く

・現地で小さなタネを作るまで帰ってこない(帰れないゲーム)

・英語の勉強を続ける(現状維持)

・プログラミングの勉強を続ける(現状維持)

・モノを買わない

・体験と経験にしかお金を使わない

・家は買わない(行動を制御するから)

これはあくまで自分との約束事なの。
これを紙に書いておくだけ。

当たり前だけど、日本でビジネスを開発し、日本でビジネスを展開し。。。

だけだとパイが決まっているし、そのパイは年々小さくなっている。

新しい社会の到来、日本人の在り方は多分これから誰かが決めてくれるもんじゃないと思う。

国が会社が何とか方向性を示してくれるのを待ってても、それはきっと訪れない。

だからもう『自分で何とかするしかない』

最後ちょっとボヤ~って締めくくってしもうたけど、まずは何となくこのままじゃヤバイのでは?

自分で動き始めなければいけないのでは?

国や会社という箱の中だけじゃヤバイのでは?

みたいなことに気がついてもらえたら嬉しい。

僕からも「今こんなことやってますよ~」って発信できるように動きます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


<世界一自由なサラリーマン>

Sho Fujimoto/藤本翔

藤本翔 | Sho Fujimoto Mobile🌏Bohemian | Artist 💻| CD | 6months Living🏡Osaka ✈︎ 2months work at 🏢Tokyo ✈︎ 4months Traveling🌏World | Love my Family💓