鈴虫の鳴く寺 京都1万記事クエスト [21/10,000] – RE-Business

鈴虫の鳴く寺 京都1万記事クエスト [21/10,000]

こんにちは、こーすけです。

9月に入って徐々に秋らしくなってきましたね。

今日は秋を感じる京都のお寺をご紹介します。

 


鈴虫の音が響き渡るお寺

IMG_1862

 

京都の西京区にある、華厳寺。

通称、鈴虫寺です。

http://www.suzutera.or.jp/

華厳寺が鈴虫寺と呼ばれる所以は、

秋だけでなく年中鈴虫の音が聞こえることから

そう呼ばれるようになりました。

 

このお寺には鈴虫が5,000匹いると言われています。

 

このお寺では住職による説法を聞くことができ、

それも人気のひとつ。

 

その説法中に住職が5,000匹いると言っていました。

「嘘やん!」と突っ込むと、

「ほな数えてみなはれ」と、

むちゃな返しをされるので本当の数はわかりません。

 

ただ、

お寺の中にリーン、リーンと響き渡る鈴虫の音はとても風流です。

 


 

全国から鈴虫説法を聞きに来る

 

IMG_1863

 

鈴虫寺は単純に鈴虫の音が一年中響き渡るということだけが人気の理由ではありません。

一番のコンテンツは鈴虫説法と呼ばれる、住職さんによるお話。

 

軽快に冗談を交えつつも、

大切な部分はトーンを変え、

スッと刺してくる。

 

 

ph_ot22

 

(画像:鈴虫寺HPより)


わらじを履いたお地蔵さん

 

IMG_1864

鈴虫寺の門前に鎮座するのは、

住職のお話しにも出てくる「わらじを履いたお地蔵さん」。

ひとつだけ願いを叶えに来てくださると言われているお地蔵さん。

 

住職の説法より、お地蔵さんのお話。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

普通はなぁ、願い叶うまで毎日毎日通い続けますわ。

ここのお地蔵さんはみなさんの家に願いを叶えに、来てくださるんやから、住所と名前を言うてからお願いごとをしてもらわんとあかん。

 

 

―願い事はひとつだけ―

 

一願成就ですわね。

「あれも、これも」って言うんじゃなくって、

人間っていうのは、どうしても欲が出てくるけれども、

 

その中でも、

どうしても自分が人生をかけてやっていきたいことであるとか、

そこまで大袈裟じゃなくても、

今目の前にあることとかに目標を据えていく、

自分の中で整理をしていくっちゅうか、

覚悟を決めるということかな。

 

一つ何かをお願いすることによって、

覚悟が決まりますわね。

 

「それに向かってやっていくんや」っていう

自分なりの覚悟が決まる。

 

これが一番大事なんですね。

ph_ot16

(画像:鈴虫寺HPより)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何かひとつ、

自分の中で覚悟を決めきれていない人は、

鈴虫の音が鳴り響くこのお寺で

この秋にひとつ願いごとをしてみてはいかがですか。

 

鈴虫寺

〒615-8294 京都府京都市西京区松室地家町31

IMG_1861

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です