10倍の成果を生み出す企画術とは!? – RE-Business

10倍の成果を生み出す企画術とは!?

企画を安定的に生み出せる会社は、
業績を伸ばし、社員とお客様を幸せにできます

Confident businessman sitting on chair with legs up and showing ok gesture

Confident businessman sitting on chair with legs up and showing ok gesture

「あなたの会社は5年後一体、
どんな姿になっている予定ですか?」

この質問に具体的にお答えできる中小企業経営者様がいかに少ないかを日々のコンサルティング現場で痛感することが多くなりました。

企画術はこんな経営のお悩みと課題を解決することができるかもしれません。

 


□この先ずっと、同じ商品・サービスを同じ客層に提供し続けて更に成長できるのか?

□いつまでたっても社長が現場から離れることができない

□管理職が肝だ!しかし管理職に経営感覚がいつになったら身に付くのか

□目標は高い!しかし実現するプランと人がまだまだ不足している

□マーケットが衰退している、今こそ新たな事業計画が必要なんだ!

□経営資源をいかに効果的に回せば業績が上がるのか。明確になる道しるべが欲しい!

□競合他社との差別化が価格以外に見出せない状況が続いている・・・・

□なぜ人がすぐに辞めてしまうのか!?働く環境の大改革を行いたい

□中期経営計画を作ったものの、ほとんど予定通りにいかない

□新商品開発の必要性がある!ただしどんな企画がマーケットにウケるのか知りたい


 

上記は全て過去に解決することが実際にできた「社長の悩みリスト」です

諦めないで欲しい。「あと10年若かったら・・」と言わないで欲しい。
年齢は背番号です、人生に引退はありません。

あなたの会社が5年後、10年後、20年後に社会的価値が高く、業績を伸ばし続ける会社になるために、今必要なことを導入してください。

実現可能にする方法の1つが「企画術」のマスターだと私は自信を持って言いたい。

今回のレポートはその一部をご紹介しています。目次は以下です。

●例えば売上1億円の会社が10億円になる!そんな企画を創るのが今回の趣旨です

●あなたはなぜ、今のビジネスをやってますか?この問の答えが見つからない場合は・・・・

●企画術は手法論です!仕組み化することで、どんな会社でも企画製造工場になれます


例えば売上1億円の会社が10億円になる!
そんな企画を創るのが今回の趣旨です

Young business lady is thinking about something.

Young business lady is thinking about something.

「売上と利益を10倍にする!」こんなことを本気で考えたことがありますか?

できる!できない!は別として、“本気で考えたこと”があるか無いか、です。

私はどんな小さな会社でも夢を語る資格は十分にあると思います。

先に結論を申し上げますと、売上、利益を今の10倍にするために必要な要素は以下3つです。

1)10倍を実現する事業戦略を描くこと

2)10倍を達成する強い組織力が備わっていること

3)10倍の夢を本気で抱き続ける、社長の事業意欲が高いこと

上記は全て掛け算で構成されるため、
いずれか1つが0だと10倍の未来を創ることはできません。

時にこうしたお話をすると、
「金儲けのために会社経営してるわけじゃない!」という社長の
お言葉を受けることがあります。

しかし私には強い信念があります。

それは「利益を十分に出している会社は、社員からも、お客様からも愛される」です。

会社経営には必ず使命が存在します。

私がお世話になっているクライアント様の会社使(mission statement)をいくつかご紹介します。


 

success-story-12.04

1.私たちは、自分の家族、自分と関わりあう全ての人々と
陸進運輸の志事を通じて、最高に幸せになる!(愛知県 運送会社)
http://www.juryo-master.jp/

2.鳥取の若者に夢と希望を与えるリーディングカンパニーを
目指す(鳥取県 農機具商社)
http://www.nokigu.com/

3.恋する人にKISSされちゃう美容室 (大阪府 美容院)

考えてもみてください。

利益の出ていない会社が上記を達成することができるでしょうか?

上記以外でも結構です。例えば「地域貢献、地域活性化」を
会社経のミッションとして掲げている場合でも同じです。

利益が出ていない会社が果たして地域の為に全力で貢献できるでしょうか?

もちろん地域清掃などのボランティア活動も大切な地域貢献です。しかし、

利益の出ている会社だと、社員の雇用や地域利益の創出が実現できます。

また、利益の出ている会社は安全や点検、開発、教育、
採用にお金を使うことができます。

そのため、より品質の高い商品やサービスを開発することが継続的に可能になるわけです。

お客様に応援される会社やお店というのは、常に成長し、
レベルアップしているのです。

これは同時に、社員やその社員の家族をも幸せにすることにも繋がるのです。

売上、利益を10倍にするということは、お客様や社員、
もちろん社長自信の幸せを10倍にするのと同じ意味があることをご理解ください。


 

あなたはなぜ、今のビジネスをやってますか?
この問の答えが見つからない場合は・・・・

road-to-happiness-640x357

「あなたはなぜ、今のビジネスをやっていますか?」

 

という問に答えが見つからない場合は、
そのビジネスが単なる集金活動になっている証拠です。

ビジネスモデルはすなわち「利益を稼ぐ仕組み」のことを言います。

ただし時代の変化が激しい現代において、多くの経営者様がこの
「利益を稼ぐ仕組み」に固執している様に感じます。

たとえば、

10年先も、このビジネスを続けて行けばいいのか分からない・・・」という

社長様にお会いすることが少なくありません。

経営とは迷うものです、こうした疑問は経営者様ならいつかどこかで抱くことになるでしょう。

そんな時にこそ私は思うのです。

ビジネスモデル=利益を稼ぐ仕組みとして正しくても、ビジネススタイル=稼ぎ方(社長のやりたいこと)として正しくなければ続けなくても良い

極端な言葉に聞こえてしまうかもしれませんが、今のご時世です。
「社長がやりたくないことを、無理に続けると、会社が疲れるだけです」

3年前に気づいたことですが、社長が経営にストレスを感じている会社は業績が伸びません。

それだけでなく、社員の定着率が低く、すぐ辞めてしまいます。

退職理由の大半が、

●お給料が増える見込みが無い、ボーナスも最近出ない

●社長が社内でいつも誰かに激怒している

●仕事がつらい。楽しいと思えない。

会社の業績を伸ばすポイントの1つが社員の定着です。

時間をかけて育てた社員が、これから中心選手として活躍するぞ!
という時に辞めてしまっては意味がありません。

「働きがいのある会社」これが社員の定着に繋がります。
業績を伸ばす強い基盤をつくり、それを維持し、成長させることが
経営であり、社長の仕事なのです。


企画術は手法論です!仕組み化することで、
どんな会社でも企画製造工場になれます

woman-with-pencil-planning-schedule

さて、本題に入りますが「企画」や「アイディア」などの言葉は皆様も既によくご存知の通り、

ビジネスにおいて“新しい”を生み出したり、
改善や改革を要するシーンで登場します。

私が今回のセミナーでお伝えしたいことは、天才的かつ斬新奇抜な企画ではありません。

私もそんな企画に出会うことは稀です。

企画術とは「企画を生み出す術(すべ)を仕組み化すること」を目的として、
私が数年前から独自のノウハウをルール化し多くのクライアント様に向けて発信しています。

この企画術を数年かけてマスターされたクライアント企業様の多くが、
これまでとは数字的にも組織的にも別世界へと発展を遂げています。

セミナー当日にはいくつか実際に飛躍的な成長を遂げた
クライアント企業様のお話をストーリー形式でご紹介します。

企画術とはコンスタントに高いクオリティーの企画を生み出すことができるようになる手法論であり、
特定の手法にのっとって、きちんとした手順を踏み、意図的に企画を開発していけば、
常に一定レベル以上のものを生み出すことができる

という考え方で構成されています。

以下は私たちがよくREビジネス経営研究会という勉強会の場で、
会員様に直接お話させていただく8つのコンテンツです。

1.「企画のネタは紙に書き出す」 ポストイット1枚から生まれた100億円事業

2.「白紙の紙を埋めるセルキーワード」 まずは進めるためのキッカケがある

3.「整理整頓を繰り返す」 A4用紙1枚にまとめるアウトプット力で企画は決まる

4.「企画の軸を決めるワークデザイン」 リーダーに課せられたミッション

5.「企画の核(コア)を発見し、全体像を象徴する」 KSFの発見と創造のコツ

6.「チーム力を活かした企画会議」 定型フォーマットのシェアと創造力を生む言葉

7.「企画を生み出すオフィス環境の整備」 企画が生まれる人と空間

8.「企画力を鍛える不思議な研修」 月1回の社内研修で会社が生まれ変わった

上記は、冒頭にご説明した売上、利益を10倍にする事業戦略を設計する際に活躍する企画術です。

1日でマスターすることは難しくとも、それぞれのポイントをつかみ、
練習に練習を重ねると、どんな会社でも企画術を体系化し、
10倍のビジョンを社内から自動的に生み出すことができるようになります。

これを企画術の仕組み化と私は呼んでいます。


企画術が学べる勉強会にご無料ご招待枠を用意しました

最後までレポートをお読みいただき、誠にありがとうございます。

ここまで読みすすめていただいた方にだけ、
私たちからプレゼントがございます。

それは、私たちが開催している勉強会への無料参加枠です。

2ヶ月に1回、私たちは東京で「REビジネス経営研究会」という名称で、
レンタル業、リユース業、リペア業経営に特化した勉強会を開催しております。

中でも、企画術関連の講座は人気が高く、毎回無料参加枠が満員御礼になります。

▼▼前回のREビジネス経営研究会会場風景▼▼

IMG_7134

この勉強会には、以下の様な業種の会社様が入会されています。

●建設機械レンタル会社

●ベビー用品レンタル会社

●おふとんレンタル会社

●アパレルレンタル

●農機具リユース

●自動車リユース

●工業機械修理

ここまでRE業界に特化した濃い内容が勉強できる場は、
正直日本中探してもここ、REビジネス経営研究会しかありません。

無料でのご参加は1回限りです

会員様は新しい仲間を暖かく、大歓迎してくれます

今すぐWebからお申込みください▼▼

REビジネス経営研究会無料お試し参加詳細&エントリーはコチラから