sho's note

メールができないのでお許しください

皆さんにお願いとお詫びと申しますか・・・。

実は、、、、

 

ぼくメールがウルトラ苦手なんですよ。

 

おそらく僕とメールでコミュニケーションを取ったことがある方なら半数近くの人が「なんでこいつメールの返事ないねん!?」ってイライラされたご経験があるかと思います。

この場を借りてお詫び申し上げます。

ただ苦手なものはいつまでたっても治らず・・・そして果敢にメール仕分け系のアプリを購入しては失敗し・・・。

このままだと今後もまた人様にご迷惑をかけてしまうと感じたので、ここに宣言します。

 

『メール辞めました』

 

ということで名刺からもメアドを消してます。そんでもって電話番号も書かれてないので「どうやって連絡とるんだボケ!」ってことですが・・・・

 

ご提案させてください!こんな方法でコミュニケーションを取りましょう。

 

Chatwork

 

「ビジネスが加速するクラウド会議室」ですよ!?もはやメールよりイケてそうな感じがしませんか!?Chatworkは無料です。

GoogleやYahooで「チャットワーク」と検索でOK。

 

 

ど真ん中にある窓に普段お使いのメールアドレスを入力して「次へ進む」

 

Chatworkから届いたメールの「アカウント登録」をクリックして必要情報入力で登録完了!

たったこれだけです!

登録が完了すると画面にこんな感じで表示されますが、一旦「スキップ」で先に進んでください。

 

 

「スキップして始める」を押すとホーム画面が開き、右上にコンタクトを追加するというアイコンがあります。Facebookでいうところの「お友達申請」みたいなもんです。

 

 

これをクリックすると、上の方に「メールで招待」「ユーザーを検索」「コンタクト一覧」と出てきます。①真ん中の「ユーザーを検索」を押して、②検索画面で藤本翔とダイレクトに打ち込んでいただくと一番上にぼくがだいたい出てきます。

もし出てこない場合はIDの「sho-yade」を入力していただくと一発で出てきます。すると最後に③「コンタクトに追加」を押してください。これでぼくとChatworkで繋がりました。

 

 

Chatworkは社内で利用される場合にでもめちゃくちゃオススメです。プロジェクトごとにルームが作れるのでメールのように「あれ?あのメールどこいった?」とかなりません。

ぜひこれをキッカケに生産性の高いコミュニケーションを体験してみてください。

 

TwitterやMessengerでもOK

ChatworkがどうしてもNGでしたらTwitterやFacebookのMessengerでもOKです。ぜひ繋がってください。

Twitter:@shofujimoto

Facebook:@shofujimoto

 

メールを辞めた理由

最後にぼくがメールを辞めた理由をちょっとだけ書きます。興味ない方が大半だと思うので無視してもらって大丈夫です。

 

■メールはノイズだらけ

ぼくだけかもしれませんがメールアドレスっていろんなサービスを利用するときに登録させられますよね??だから通知やメルマガやらあらゆるメールが届いて受信フォルダがノイズだらけ。必要なコミュニケーションをその中から見つける作業に時間がかかる。この時間がまずもって無駄。

 

■大企業に多い無駄なCCにイラっ!!

なぜぼくなんかにメールするくらいでCCに10人くらい入ってるのか分からん。相手のことを思って毎回「全員に返信」で返してたら横から「えっ!?あんた誰??」みたいな人が突然ぶっ込んでくる。

 

■「様」とか「お世話になります」とか無駄

ご挨拶は大切だと思いますよ、素敵な文化です。ただぼくとコミュニケーションを取るお相手さんってもうその時点で身近で仲間じゃないですか!?直接会うと絶対「様」とか「お世話になっております」とか言わないくせに何故??この無駄な建前みたいな文章を書く時間が蓄積したら年間10日くらいは下手したら失ってるよ。

 

■Zipファイルやめて

メール文化の人は何故か「資料をZipファイルにまとめました」とかいらんことする。更にNGなのはそのZipファイルに鍵をかけてるケース。「追ってパスワード送ります」って次のメールでパスワードを送ってくる。いやいや、その時点でノンセキュアでしょ。クラウドに上げてURLでシェアしてくれたまえ。スマホ文化の現在にZipファイルは迷惑でしかない。

 

とまぁこうしたほぼ愚痴みたいな理由ですが、時間を取られるツールの代表的なのがメールだとぼくは思うんですよね。この感覚を何となくご理解いただけたら長く一緒にお仕事させていただけると思います。

生意気に失礼しました。「あっそ、アホちゃうこいつ」くらいに笑って流してください。


レンタルを中心としたストック型ビジネスモデルのネタ帳noteもやってます▼▼

note_logo_catch

ブログでは書けないことが書かれています。1記事100円からご購入いただけますので、ぜひ覗いてみてください。

 


年間500冊読む藤本翔がお勧めするBooks】

Female student studying at college library「知識は人生を豊かにする」という諸葛孔明の言葉が大好きです。ぼくが読んだ本の中で特におすすめの本をプチ書評と一緒に紹介しています。

 


藤本翔 | Sho Fujimoto Mobile🌏Bohemian | Artist 💻| CD | 6months Living🏡Osaka✈︎ 2months work at 🏢Tokyo ✈︎ 4months Traveling🌏World | Love my Family💓

スポンサーリンク

●今日も元気にTweet中ですよ〜