飲食店がエアコンをレンタルする時代へ – RE-Business

飲食店がエアコンをレンタルする時代へ

以前「業務用エアコンレンタルに注目しています」という記事を書かせてもらった。

おかげさまで2社ほどの電気設備工事系の会社さんから問い合わせをいただいた。

その時に色々とお話をさせていただいた中で、レンタルとして業務用エアコンを提供する対象について話が深まったのでここに共有しておきたい。

 

ビジネスとして成立するための条件

Women to expand the map, looking for the next destination in the smartphone

まずビジネスとして、業務用エアコンレンタルが成立するために必要な条件を整理してみよう。

  1. 商品がしっかり決まっていること(名前・プラン・料金)
  2. 対象が明確であること(誰に貸し出すのか)
  3. 貸し出し対象にとって価値がある商品づくり
  4. 継続的に利用してもらえるための仕組み
  5. オペレーションに必要なアセットの整備

比較的どんなビジネスにも共通するような項目ではあるが、業務用エアコンだけに限らず、上記5つの条件はレンタルビジネスの特徴的な代表条件(ポイント)として抑えておいたほうがいい。

レンタルビジネスは共通的に「認知度が低い」ために啓蒙活動が必要となる。

またプランがクドクドしてると顧客は決断しにくくなる。

つまり一発で購入と比べて価値があるものであると表現する必要がある。

だからこそ、上記5つの条件が必須なのだ。

 

当然マーケットは大きい方がいい

Technician do cleaning investigate Repairing Air Conditioner

当然ですが貸し出す対象という意味ではマーケットが大きい方がいい。

つまり「貸し出す対象がたくさんいる」というものだ。

もっと分かりやすく言うと、「宣伝する相手が徒歩圏内に数名いる」くらいのイメージ。

例えば業務用エアコンを誰に貸し出しするか!?

って考えると、現状のマーケットは建設現場の期間限定で置かれている「現場事務所」だ。

建設現場の数は決して少なくはないが、徒歩圏内に現場事務所があるという方は少ないだろう。

もし仮にこれが「コンビニに貸し出す」となればどうだろう。

「エアコンレンタル始めたんですけど、借りてくれませんか?」って声をかけにいけるコンビニはきっと徒歩圏内に1軒はあるだろう。

しかし現実的に考えるとコンビニ業態はエアコンレンタルを導入してくれないだろう。

では現在すでに業務用エアコンレンタルを利用し始めていて、

より大きなマーケットとなるのはどこか。

その答えが「飲食店」である。

ただしその普及率はまだ1%にも満たない。

何せ飲食店は日本全国に61万軒もあるんだ。。。ってもっとありそうだけど。
(出展元:http://todo-ran.com/t/kiji/13413

しかし確実に飲食店が業務用エアコンレンタルを導入し始めているのは事実だ。

「なぜ飲食店がエアコンをレンタルするのか!?」

実際の利用者ニーズはこうだ

  • 初期費用を抑えることができる
  • リースだと途中で解約できない
  • リースだと修理費やクリーニング費用は自腹になる
  • 新型への切り替えも可能(料金は変わらず)
  • 資産計上する必要がない(節税)

飲食店のオーナーの多くが少ない自己資金で開業する。こうした個人事業者や零細企業に対してまずリースが組めないという実態もある。

レンタルだとこのリースが組めない事業主を救うことができる。

またレンタルはプロフェッショナル職だと僕は思っている。

つまりその商品の整備や管理についてはプロ級ということだ。

でないとレンタル会社の経営はできない。

業務用エアコンレンタルも同様に、設備工事業者がこのレンタルビジネスを展開することで、

メンテナンスやクリーニングをプロレベルのサービスとして受けられる。

家庭用のエアコンの清掃は何となく一般人でもできてしまうが、

業務用となるとほとんどできない。

こうしたメンテ・クリーニング料金がレンタルだとかからない。

こうしたメリットを受けられるのが業務用エアコンレンタルだ。その価値を知っている飲食店オーナーが口コミレベルで広げている。

またこうしたメリットをレンタル業者がしっかりと提案できるようになることも大切だ。

もともと技術職の設備工事業者だから、そう簡単に提案営業なんかできるわけがない。

そのために整備すべきなのが、

導入事例を中心とした業務用エアコンレンタルのホームページの開設

お問い合わせをいただいたお客様に口下手でも大丈夫な商品説明パンフレットとメニューブック

いくつかインターネットで検索するとそれらしいコンテンツが見つかるので、

是非とも興味があれば検索してみてほしい。

3月ごろには我々もビジネスモデル紹介を兼ねたセミナーを開催したいと考えている。

お楽しみに。

スポンサーリンク


<世界一自由なサラリーマン>

Sho Fujimoto/藤本翔

藤本翔 | Sho Fujimoto Mobile🌏Bohemian | Artist 💻| CD | 6months Living🏡Osaka
✈︎ 2months work at 🏢Tokyo ✈︎ 4months Traveling🌏World | Love my Family💓