あなたのビジネスをフランチャイズ(FC)化する方法 – sho fujimoto|藤本 翔

あなたのビジネスをフランチャイズ(FC)化する方法

今までにサポートさせてもらったお仕事の中でトップ5に入るくらい難しくて大変だったのが「フランチャイズ化」だ。とにかく成功させるためには作業時間を多く確保する必要がある。

だけどぼくはビジネスモデルを販売するというフランチャイズ化には概ね大賛成であり、めちゃくちゃ事業のレバレッジを高めることができるものであると経験を通して断言できる。今回はそんな体験も踏まえてあなたのビジネスをフランチャイズ化する方法を書いてみる。

 

フランチャイズとは

フランチャイズに似てるものの1つにボランタリーチェーンというのがある。この2つの違いをよく把握しておいたほうがいい。

フランチャイズ化の相談に来られて、「いやそれボランタリーでよくない??」っていうケースがよくある。

ぼくが認識してる違いを簡単にまとめると、

  • フランチャイズはビジネスモデルがパッケージ化(商品化)されており、本部と加盟店が1対1の関係
  • ボタンタリーチェーンはビジネスモデルが自由化されており、加盟店が組織を運営する会員制勉強会のようなもの

 

▼フランチャイズ▼

 

 

▼ボランタリーチェーン▼

 

個人的にはどちらの組織も好き。それぞれ適してるビジネスモデルもしくはサービスや商品に合わせて選択すればいいと思う。

まぁ具体例をあげると、ベストオブフランチャイズと言えばセブンイレブンさんでしょうね。父ちゃんと母ちゃん2人でやってたタバコ屋さん(年商2,000万円)がセブンイレブンさんに加盟して一瞬にして年商2億円とかの事例がバンバン出てる。

ボランタリーチェーンで国内最大レベルと言えばリクシルリフォームネットさんとかかな!?10,000社くらいのリフォーム会社が加盟している。こういうのいいよね、一緒にポータルサイト作ってそれぞれがブログ記事更新したりでみんなで集客努力する。中には部材の共有や施工事例の共有なんかもされてるのかな。(テキトーに言ってます)

 

 

一番最初の加盟店は人で選べ

セブンイレブンほどまで成長すれば、放っておいても加盟店は集まってきます。なぜ集まるのか!?それは実績です。

しかしこれから始めるあなたのフランチャイズはまだ加盟店がいません。したがって結果はあなたしかありません。どんなに成功してるフランチャイズも一番最初の加盟店は膝を付き合わせて語り合い、あなたを信じてくれた人です。

つまり一番最初の加盟店はビジネスモデルを購入するというよりも、あなた自身を信じ、あなたに惚れた相手です。

これって実はめっちゃ重要で、そもそもはじまったばかりのフランチャイズなんてピースが抜けてるに決まってる。(つまり未完成)

だからあなたと一番最初の加盟店は想像もしていなかった課題を何度も一緒に乗り越えていかないといけない。これを一緒にやり遂げる最初の加盟店はあなたとハートで繋がってないと乗り切れない。

一番最初の加盟店選びは“人”で選んぶべきだと断言できます。これは過去になんども失敗してきたぼくの経験です。

 

固めるより走りながら作る

フランチャイズ化って、頭で考えてもうまくいかないんですよ。

ぼくが初めてサポートしたFC化は巨額の資金を持つ上場企業さんでした。コンサルフィーもめっちゃもらいました。

んで、1年もかけてプロジェクトチームと一緒にフランチャイズ化に向けた調査報告書や、

 

<つづく>