植物ビジネスを応援します – RE-Business

植物ビジネスを応援します

スポンサーリンク

我々はこれまでも、これからもREビジネスコンサルティンググループとして、

レンタル業、リユース業、リペア業を経営する社長さんのサポートを続けてきました。(今後ももちろん)

僕らのコンサルティングミッションである「REで世界に新しい流通スタンダードを創る」というのも、

会員様を中心にますます拡大しています。

きっと我々の経営研究会(勉強会みたいなもの)会員様の経済活動によって、削減されたCo2の量、伐採されずに済んだ樹木の本数は、

莫大なものだと思われます。

 

お花やさんはもっと活躍すべき

Close-up image of female hands holding flowerpot with succulent

個人的な話で恐縮ですが、ここ数年植物の収集と育成に家族ぐるみでハマっています。

休日には生花農園などに足を運び、気に入った植物を大量に買い揃えています。

妻がそれらを使ってデコレーション鉢植えにとっても可愛くデコレーションし、時には友人や知人に販売したりもしています。

こうした趣味的な活動を通して、僕はあることに気がつきました。

それは、

お花屋さんって経営が下手くそやな〜

ということです。

(怒られること承知で正直に言ってます)

 

植物に関する知識が高く、デコレーションするアートセンスも非常に高いのに、ショップ経営が逼迫している。

本当に困っている。という声をよく聞きます。

 

また、趣味から始まった植物集めがSNSなどで人気を集め、それを商売としてスタートされる小さなブログショップも増えています。

それらのオーナーと接触する機会が最近増えてきたのですが、彼らも同じく

「自分の作品をもっとたくさんの人に知ってほしい」という啓蒙活動に苦戦しているように見受けられます。

植物ビジネスに携わる経営者の多くが職人気質であり、ビジネスセンスは特に学んでいない。

だから趣味の範囲を脱しないのだとわかりました。

もちろん中にはビジネスとして大成功されている方もいましたが、それはほんの一握りです。

 

日本に植物面積を増やすとイライラが消える

,,

日本人は世界的に見てもよく働きます。とってもマジメな気質を持った国民なんです。

でもそれが残念なことに、幸福度を下げる要因にもなっています。日本人の幸福度ランキングってとっても低いんです。

世界の幸福度ランキング2016 日本はなんと53位と年々順位を下げている
(宮武さんのブログ記事が本当に素晴らしいので転用させていただきました)

これを読んで、「えっ!?そんなに低いの??」と僕も正直驚きを隠せませんでした。

日本人の幸福度が下がっている傾向にあるのには、いくつか理由が考えられますが、

僕が個人的にビジネスの世界にいて感じるのが

 

①イライラ日本人が増えている

時間単位で行動が管理されているので、通勤時間や退勤時間、ランチタイムが重なります。これによりどこに行っても人だらけ。という現象が起きます。フレックスやクールビズ、ノー残業の導入はまだまだ全体的には普及し切れていません。

 

②年収格差が生まれ、幸せのロジックが崩壊

アメリカやヨーロッパ諸国の年収格差が問題視されていますが、実は日本も同じくらい深刻な格差が生まれています。

とあるアメリカの大学研究機関の調べによると、年収750万円までは年収の増加と幸福度の増加が比例します。

しかし今のご時世、日本人として真面目に会社勤めしてても年収750万円を超えることはそう簡単ではありません。

現実問題日本人の生産年齢人口(15歳〜64歳)のうちおよそ40%が年収300万円以下なんです。

年収が増やせない日本において「幸せ」を掴むこと自体が不可能なのではないか!?という空気が充満しています。

ここからは推測ですが、こうしたイライラした日本人の状態を解消するには植物の効果が期待できるのではない!?

と思っています。

 

今後しっかり調査を進めていきたいと思いますが、植物が自宅や職場にあるという日本人は比較的穏やかに??

実際に私がお付き合いしている会社の社長さんの1人が会社の働きがいを高めるために、500万円の投資をして職場に植物をテンコ盛りにディスプレイしました。

するとその3年後の社員アンケートで「働きがい」に関する評価項目が上昇したという事実があります。

 

しかも会社の業績まで上がっているというからオドロキです。
社員の働きがいが高まれば、商品やサービスの品質が高まるのは納得できます。

 

もしこうした会社が増えたら・・・日本はもっとずっと幸せな人が増えるんじゃないだろうか。

 

スポンサーリンク

 

いち個人が活躍できる植物マーケット

Florist assisting happy female customer in buying flower plants at shop

いま、まさに植物ブームが来ていると思います。

実際にGoogleのキーワードボリュームを見ても、「多肉植物」というキーワードは月間に90,100件もの検索がされています。

昨年の今頃は約50,000件くらいだったと記憶しています。

 

これは世の中のトレンドを数値化するものなので、確実にブームであり、日本人が何らかの理由で植物に関心を集めているという証拠です。

実際にいくつかの植物系ネットショップのオーナーに話を聞いてみると、

れまで業販(業者への卸販売)が売上の中心だったが、個人からの依頼が増えている。とのこと。

更にこの植物マーケットへの注目すべき理由が高まります。

 

まずはブログショップからやってみよう

Businessman using laptop with tablet and pen on wooden table in coffee shop with a cup of coffee

まだ私たちが蓄積してきた経営ノウハウをどうやってこの業界向けにリリースするのかは未定です。

でもすでに数名の個人起業家さんから相談が入っているのは事実です。

こうした個人起業家さんに我々がアドバイスできることは、お店を構える前にまずはブログショップを低投資でスタートすること。

必要であれば個別に面談もさせていただきますよ、ランチでもしながら。(ランチをご馳走してくれたらコンサルフィーは無料ですwww)

 

追っていくつかのブログショップを紹介しようと思いますが、実際にブログショップで月商200〜500万円の売り上げを作っている方もいます。

こうしたブログショップを開設し、そこからどうするか!?

 

拡散の方法は多々ありますが、フォロワーを増やす前に、身近な売り上げを作ることをお勧めします。

つまり自分が集めた、作った植物を写真に収め、ブログショップに金額を記入して投稿してみる。

それをお友達や家族、そしてよくお世話になっている美容室やカフェなどに紹介することです。

本当に素敵な商品であれば、必ず1つ、2つ、3つと売れていくはずです。

こうして売れていった植物たちは購入者の元であなたが想像していた以上に「幸せな気持ち」を作ってくれています。

そう、あなたがもし「植物関係のビジネス」を考えているならば、すぐに行動に起こしてみてください。

あなたのその行動がたくさんの日本人を幸せにする可能性があります。

我々としてもこうした個人起業家さんや花店さんの経営をもっと良いものにできる経営サポートコンテンツを開発してまいります。

REビジネスと植物が生み出すオーガニックと幸せ効果はリンクするものだと信じて。

 


<世界一自由なサラリーマン>

Sho Fujimoto/藤本翔

藤本翔 | Sho Fujimoto Mobile🌏Bohemian | Artist 💻| CD | 6months Living🏡Osaka
✈︎ 2months work at 🏢Tokyo ✈︎ 4months Traveling🌏World | Love my Family💓