Life Style提案で新しい客層を取り込む 家電・家具レンタル – RE-Business

Life Style提案で新しい客層を取り込む 家電・家具レンタル

家電・家具レンタルというサービスを聞くと、

どんなサービスをイメージされるでしょうか?

単身赴任者のための冷蔵庫・洗濯機・テレビ・電子レンジのレンタル?

一人暮らしを始める学生のための冷蔵庫・洗濯機・テレビ・電子レンジのレンタル?

多くの方がこのあたりのサービスをイメージされると思います。

その理由は

現在インターネット上に存在する多くのWebサイトがこのようなサービスをメインでやっているからだと思います。

家電や家具は生活に必要な製品であり、

期間限定の一人暮らしの場合は購入するよりもレンタルの方が経済的にお得である場合も多い。

そのため、

単身赴任者や学生の一人暮らしと

家電・家具のレンタルというのは相性の良いサービスです。

しかし、

実際にはもっと広い用途でニーズが存在する。


レンタルとは物との付き合い方のひとつ

Fotolia_75337367_Subscription_XXL - コピー

レンタルというのは、物とどう付き合うかという選択肢の一つ。

買えないから妥協してレンタルするということばかりではない。

経済的には車を購入できるが、

車を利用しないといけないという日が年間に数日しかない。

だから、

車を所有しないという選択をする。

どうしても必要なときはレンタカーやカーシェアを利用する。

こういう消費活動は妥協ではなく、

あくまでも選択のひとつ。


家電・家具をレンタルするという選択肢で、新たなLife Styleを提案

Young woman at home sitting on modern chair in front of window relaxing in her lliving room reading book

Young woman at home sitting on modern chair in front of window relaxing in her lliving room reading book

家電や家具を持たずにレンタルという選択をすれば、

新しいLife Styleを創ることができる。

レンタルは必要な時だけ使うことができ、

必要なくなれば手放すことができる。

住環境すべてに対して

利用したい時だけ利用するという選択ができれば、

場所に縛られずに生きることができる。

暮らしたい場所を自由に求めて移動したり、

余計なことを気にせず、

自身の可能性のままに世界を移動しながら仕事することもできる。

それ以外にも、

同じ場所に留まるとしても

まるで洋服のように

住環境を心のままに着せ替えることもできる。

現在、

家電・家具のレンタルのサービスしているサイトの多くは

最低限の住環境を

期間限定の用途でつくるサポートをしている。

しかし、

実はもっと多くのニーズに対してリーチできるポテンシャルを秘めている。

(ライター:清水こーすけ)