空間レンタルの未来は専門性へ – RE-Business

空間レンタルの未来は専門性へ

シェアリングエコノミー元年と呼ばれた2015年からはやくも3年目となる2017年がやってきた。

これまでに、たくさんのシェアリングエコノミーに関する記事を書かせてもらったが、

様々なシェアリングエコノミーの中で、個人的に「これは日本でもスケールするのでは!?」

と感じている「空間のレンタル(シェア)」について少し書いてみる。



すでに競争マーケットに

Business Team Working Office Worker Concept

空間レンタルはもう競争マーケットだ。

僕らが一緒にセミナーもさせてもらったスペースマーケットさん

spacemarket-com

物件数も多く、無人島などのレアな空間も借りれてしまうプラットフォーム。

僕らも実際に東京、大阪以外でセミナーを開催する時によく利用させてもらっている。

とにかく社長をはじめ、皆さんの営業力が凄いと思う。

こうした営業力がないと、物件の登録件数を増やしていくのは大変だから。

 

 

1時間単位で貸切可能!レンタルスペース検索サイト【スペなび】

supenavi-com

ママ会や女子会に特化しているという印象のスペナビさん。

以前撮影用のカフェを3時間レンタルしたけど、価格帯が安いのが特徴かな。

うちの奥さんもよく子供を連れて、幼稚園のママたちとランチパーティーしてる。

奥さん曰く、「子供が多いからお店貸し切ったほうが得だし気が楽」とのこと。

 

 

販促スペースに特化した【軒先】

business-nokisaki-com

軒先さんはけっこう古くからやってるよね。

まずネーミングのセンスが個人的に一番好きww

法人の販促スペースとして空間を貸し出すことに特化してる。

僕も店のポスター広告とかを張り出しさせてもらったりして利用させてもらってる。

ただなかなかホスト側(スペースを貸し出す方)が増えていかないのがな〜。

例えばシニア向けの販促なんて、リアル物件でのアプローチが一番理想的。

地方都市とかにシニアが集まりそうな物件をバンバン出して欲しい。期待!
安くてすぐ借りれる会議室レンタル【スペイシー】

www-spacee-jp

スペイシーさんは利用頻度で言えば一番使わせてもらってるかも。

1時間から借りれて、とにかく安い物件がある。

ただし、それなりの空間。例えば窓がない4畳間とか。

もちろんちゃんとした部屋もあるけど、それなりの値段になる。

来客やセミナーとかではなく、チームメンバーとのMTGとかでバリバリ使えるのが最高。

 

とまぁ、普段から僕が利用しているプラットフォームだけでこんなにある。

もちろん上に紹介したプラットフォーム以外にもたくさんあるのでご自身のベストを探すつもりで色々と使ってみるといい。

こうしたシェアエコ系のビジネスを理解するためには、まず自分自身が

ヘビーなユーザーにならないとね。

 

2017年以降はもっと専門性に光

思うんですよね、こうした空間レンタルって簡単に参入できる。

だから結局のところすぐに「差別化」がキーポイントになる。

物件数や価格だけの話じゃなくなり、

いちヘビーユーザーとして理想的な空間レンタルの発展は、「専門性」に尖ってるプラッフォームだ。

例えばセミナールーム1つ借りても

プロの司会がついてくる

Pretty, young business woman giving a presentation in a conference/meeting setting (shallow DOF; color toned image)

とかめっちゃいいやん。使われると思う。

しかも美人の女性で元アナウンサーとかええね、ええね。

これもマッチングでフリーの司会者と繋げばいいよね。

あとセミナーの事務局代行とか、運営サポートのスペシャリストも一緒に借りることができるようになってほしい。

 

他にも

 

ケア付きのスペースとか

soignante avec une personne agée

思うんですけど、デイケアってもっとコンパクトで短時間でいい。

確かに収益性を考えると、デカイ箱にシニアいっぱい集めて送り迎えもつけて・・・。

ってやったほうが運営側としてはいいのかもしれないけど、

ケアの資格を持つ方が、自宅のスペースをケアルームにしてしまい

近所のシニアをサポートするというスタイルになったほうがいい。

 

撮影スペースとプロカメラ・メイクとか

Maskenbildnerin mit Moderator im Fernsehstudio

まぁこれはイメージつくよね。

でも高すぎるんよね〜。もっとリーズナブルにならないかな??

みたいな感じに、専門性の高いソフトなサービスが一緒についてくる。

そんなスペースのレンタルサービスが増えてくると、使い分けが明確になる。

そうした意味でも、今年からはビジネスモデルではなく企業戦略というそのプラットフォームの立ち位置。

つまりよく似てる他のプラットフォームとは違う明確な立ち位置をユーザーに対してちゃんと表現できるところが勝ちそう。

何れにしても、シェアエコマニアとしても引き続き注目していきたい
空間レンタルでした。どうも〜。


レンタルを中心としたストック型ビジネスモデルのネタ帳noteもやってます▼▼

note_logo_catch

ブログでは書けないことが書かれています。1記事100円からご購入いただけますので、ぜひ覗いてみてください。


年間500冊読む藤本翔がお勧めするBooks】

Female student studying at college library「知識は人生を豊かにする」という諸葛孔明の言葉が大好きです。ぼくが読んだ本の中で特におすすめの本をプチ書評と一緒に紹介しています。


Sho Fujimoto/藤本翔

藤本翔 | Sho Fujimoto Mobile🌏Bohemian | Artist 💻| CD | 6months Living🏡Osaka
✈︎ 2months work at 🏢Tokyo ✈︎ 4months Traveling🌏World | Love my Family💓

スポンサーリンク