SURF TRIP TO LOMBOK(ロンボク島へのサーフトリップ) VOL.04 – RE-Business

SURF TRIP TO LOMBOK(ロンボク島へのサーフトリップ) VOL.04

 

一応このメディアの目的はタイトルにもある通り、「IT×REで創る新しいミライ」なので、REなネタを書かないといけないんだけど、

一応このVOL.04で完結編なので最後までロンボクサーフトリップ日記にお付合いくださいww

===================

VOL.01(予約編)はコチラ

VOL.02(準備編)はコチラ

VOL.03(出発編)はコチラ

===================

VOL.03の続きから・・・・・

ついに15時間50分のトランジットを耐え抜き、最終目的地であるロンボク空港へ向けて飛び立つ時がやってた。

IMG_2396

みてください!この色の黒いロンボクローカルの皆さんばっかりの搭乗ゲートをww

そして彼らは皆さん、「えっ!?今7月の東南アジアですよね?」というくらいダウンをダウンジャケットなどを着込んで厚着してる。

そう、それくらい空港と機内が寒いんのだ。

あとはいつの季節も半袖、短パン、ビーサンの白人観光客だけ。日本人は今回の旅で結局1人も出会わなかった。


 

意外と美味い!機内サンドウィッチ

IMG_2397

朝の8時過ぎの出発だったので、さすがに小腹が空いたわけで。

機内で「DO YOU HAVA サンドウィッチ〜??」と聞いたらこれが出てきた。

生野菜が盛りだくさん、そしてチキンも。

「あれ、思ったよりうまそうやな〜」と口に入れると、これがまた美味い!!野菜が新鮮で、ロンボク到着がますます楽しみに(^^)

機内から見えるロンボクの島。

IMG_2402

ロンボク島って意外と大きいんですね〜。

そしてニンジャリ山という富士山とほぼ同じくらいの標高を誇る島のシンボルもあったり。

人口は約300万人(に満たないくらい)なので、大阪市とほぼ同じ人口。思ってたより人もいるんだな。


はい、来たVISA(ビザ)の件

Australia visa in passport macro

ロンボク空港に到着!!!ついに来たね〜。

到着してすぐにイモトノWi-Fi電源ON!!

はい、バッチリ起動!バッチリつながった。

ここでもし何かあった場合、誰かと連絡つかないのはまずいからね。

飛行機から降りて、1本しかない通路をローカルの人たちとゾロゾロ歩いていくと・・・・

ありましたよ、ありました「Arrival VISA」のカウンターが!!

おっしゃ、全くのNO準備で挑んでやろうとカウンターに向かうと・・・・。

ん???

ん??????

やってない・・・誰もいない。カウンターはあるが人がいないぞ。

これはまさかランチタイムとかでバックれとるんか!?

 

ほとんど空港職員のいないロンボク空港で、空港職員なのかどうか不明な服装をした、それっぽいオバサンに声をかけ、

「アライバルビザは開いてないのか??どうしたらいい??」

と聞いてみると、

「YOU NO NEED VISA GO This Way」

と言われ、普通にイミグレの列に並ぶ。いや、並ぶというか割り込みさせられる。

並んでたローカルの人ら!?は笑顔で入れてくれるという謎。

そして過去最速最短のチェック(多分10秒くらい)でパスポートに

ダンッ!ダンッ!

ってハンコを押されて無事入国。

 

スポンサーリンク

 

えっ!?何やったの、あの情報は!?

 

どうやら大統領!?か大臣!?が変わって、もっとたくさん観光客に来て欲しい!!ってことで僕が訪れる本の1、2週間前にVISA(ビザ)なしでロンボク空港に入れるようになったそう。

へ〜ラッキ〜(^^)

ほんで最後の最後、心配してた「無事にロングボードが届くのか」という件ですが、こうやってグルグルコンベヤーに荷物が雑に流れてくるわけで・・・

IMG_2403

この荷物のコンベヤーがえらい鋭角にクネクネしてるので、荷物がゴロゴロと落ちるww

親切な人がそれをまた、コンベヤーに乗せるというホノボノな風景。

そして僕のロングボードも無事、クラッシュもなく届いておりました。

開封の儀▼「うん、クラッシュなし!!」
IMG_2445


まぁこんな感じで無事にロンボク島へ到着し、

毎日、毎日サーフィン!!そして、ローカルの人たちと交流したり、観光客である白人さんたちと仲良くなって、一緒にサーフィンしたり。

サーフィン以外、何もすることのない時間が毎日6〜8時間くらいあったので、

人生(表現活動)のことを考えてみたりしてたんですね。

ホント、最高の旅でした。

ちなみに、ロンボクのサーフポイントだったり、それぞれの波報告や必需品だな〜と感じたものは

以下noteにまとめているので良かったらご覧ください。


 

ロンボク島へ行ってきました!ポイント・波レポート書いてます▼▼

note_logo_catch

ブログでは書けないことが書かれています。どちらかというと初めてロンボクへサーフトリップする方にオススメです(僕がそうですからww)1記事300円からご購入いただけますので、ぜひ覗いてみてください。


<世界一自由なサラリーマン>

Sho Fujimoto/藤本翔

藤本翔 | Sho Fujimoto Mobile🌏Bohemian | Artist 💻| CD | 6months Living🏡Osaka
✈︎ 2months work at 🏢Tokyo ✈︎ 4months Traveling🌏World | Love my Family💓