SURF TRIP TO LOMBOK(ロンボク島へのサーフトリップ) VOL.03 – RE-Business

SURF TRIP TO LOMBOK(ロンボク島へのサーフトリップ) VOL.03

スポンサーリンク

 

このシリーズ、、、、VOL20くらいまで普通に行っちゃいそうなのでシンプルにまとめてお伝えしないと。。。ww

でもVOL.02の反響もかなり良かったです〜
一所懸命書いた甲斐がありました。

早速ロンボクへのサーフトリップを決断した友人もいたくらいです。(わ〜い!俺も行きたい〜)

============================

<合わせてご覧ください>

VOL.01 予約編

VOL.02 準備編

============================

さて第3回目の今回はついに出発編です。

あくまで僕の日記的な書き方なので言葉遣いとかは大目にみてくださいねww

 

関空に車を駐めておく件

IMG_2357

さすがに朝の通勤ラッシュタイムに9フィートのロングボードを電車で運ぶ勇気はなかったので、車を関空に駐めておくことにした。

約1週間もの間車を駐めておくんだから、やっぱりきになるのはその駐車場料金。。。

どうしようめっちゃ高いのかも!?

いろいろとネットで調べてたら、あるんですね!!
超便利な奴が!!!

関西国際空港 駐車場料金シミュレーションというWebサービスが

ここで気がついたんやけど、駐車場料金が2割ほど安くなるKIX-ITMカードというのがあるらしい。

簡単に言うと、関空と伊丹空港の会員に入るというものだ。
これには無料で入れて、関空か伊丹空港で受け取りするだけ。

これで2割引されるなら入っておくべきだろう!ということで早速Web登録。カードの引き取りは帰国後でいいか。

で、話は戻るけど初めて関空の駐車場に駐めた。。。

駐車場が1〜4くらいまであって、どこに駐めるのが一番近いのかわからなかったけど、

1番か2番やろう!!!

ということで2番に駐めたら大正解ww

意外と平日なのに満車フロアが多くて驚いた。

僕は4階の一番奥に駐めて、そこからこんな感じでロングボードをコロコロと運んで行った。

IMG_2360

このキャリー結構使えるね、ロングでも普通に運べた。
全く「重たい」「辛い」思いをしなかったな。


 

Webチェックインほぼ意味なし

 

ぶっちゃけそんなことやろうと思ったよ。

Airasiaのチェックインカウンターで「パスポート拝見します」と言われ、渡すと。

すぐにチケットが発券され、何の問題もなくロングボードも預かられて超スムーズに終わった。。。

あの「Webチェックインはおすみですか?」というAirasiaからのしつこいメールは一体何やったんか。。。

でも1つここで気になったのは、カウンターの女性が「VISA(ビザ)は現地で取られますか??」と言ってきたこと。

僕は「はい、そのつもりです」と回答したけど、

あ〜やっぱりVISA(ビザ)いるんやな。。。面倒なことにならんかったいいけど。

って感じ。


 

Airasiaすぐ金とるやん!!!

Fotolia_95065826_Subscription_Monthly_M

ごめんごめん、これは僕がANAやJALで普段移動するからAirasiaやLCCのルールが分かってないだけかもしらんので、

戯言と捉えてください。

僕はずっと書いてるけど機内食を食べないんですね。

ほんでそんな僕を知っている妻がいつも通り、機内で食べるための愛妻弁当を作ってくれたわけ。

IMG_2377

ちゃんと捨てやすいようにパッケージしてくれてるの。

このお弁当を機内でパカリと開けるとスグにCAが飛んできて、

「YOU CAN NOT・・・・」とか何か言ってる。

つまり機内は食事も飲み物も全て持ち込み禁止です!!

って言ってる。

えっ!!??まじで!?普通いけるところ多いけどなぜ??

って聞いたら、

「私たちが販売しているものを買いなさい」と英語ではあるが直球で言われて、ちょっと引いた。。。

 

せっかくビールと白ワインも買い込んで機内のエンジョイしようと思ってたのに・・・・。

でも弁当は腐ると嫌なので、こっそり食べきりましたww


 

いやいや!機内寒すぎやろ!!

IMG_2373

 

100歩譲って機内への食べ物、飲み物持ち込み禁止を許してあげたとしても、

1つ!!!言わせてもらいたいAirasiaさん。

機内寒すぎませんか〜!?ブルブル

これ上の写真見えます??

何か寒すぎて白い息的なものでてますよ〜お〜い!!

僕はおそらく機内寒いだろうと思い、(パタゴニア)patagonia M’s Torrentshell Jkt 83802 NVYB Navy Blue//Blue M

を着ていたので命は助かったけど、

風邪引くよ!!!!!!

ってくらい震えてた。。。

フリースとスウェットのズボンでもよかったで、ほんまに。。。

 

スポンサーリンク

ほんでモニターないよ!!!

IMG_2367

移動中は映画でも見てゆっくりしようかな〜・・・・・

ってモニターない!!!

侮ってた・・・・

事前にiTuneとかで映画ダウンロードしてくればよかったな。。。


クワイエットゾーンに座るべし

 

Airasiaは事前に座席指定ができる。(まぁほとんどの航空会社ができるとは思うけど)

そこで僕がオススメなのは「クワイエットゾーン」というエリア。

最初プレミアムフラットベットのシートにしようかと思ったんやけど、さすがに往復で4万円ちょいのプラスは痛いな〜。

かといってエコノミーに座って外人が多いなかギュウギュウになるのも嫌!!

特に東南アジアへ向かう飛行機の中って、子供が多くてワイワイなってるからしっかり休みたい人はエコノミーを避けたほうがいい。

このクワイエットゾーンという選択が大当たり!!

IMG_2361

はい人かなり少ない〜やったね〜。

3列シートの通路側を指定してたんやけど、はいこれ〜▼▼
IMG_2363

隣を向いて見ても▼▼

IMG_2362

往復ともクワイエットゾーンを指定したのだけど、いずれも3列シート独占で、横になってゆっくり休むことができた。

ちなみに関空→クアラルンプール間のクワイエットゾーン指定料金は確かエコノミーより4,000円ほど上乗せするだけ。

4,000円で体しっかり休められて、ギュウギュウで嫌な思いしなくていいなら選ぶよね。

ちなみにすぐ後ろのエコノミー席はやはりギュウギュウで東南アジア系の外人さんと子供達がワイワイギャーギャーやってました。

IMG_2365


15時間40分のトランジットが始まる

IMG_2392

さてさて、関空から7時間くらいフライトしてトランジットをするクアラルンプール空港に到着。

正確にはKLIA2というLCC専用発着の新ターミナルらしい。

最近出来たばかりだから確かに綺麗い、そしてデカイ!!

端から端まで歩いたら普通に1時間近くはかかりそう。。。。

まぁそれはいいとして、ついに始まりましたトランジット15時間40分の戦い!!

でもご安心あれ、この旅のVOL.01(予約編)でも書いた通り僕には空港内に宿泊できるサマ サマ エクスプレス KLIA2(Sama-Sama Express KLIA2)を予約しておいたのだ!!

クアラルンプール空港に到着して飛行機を降りると、なんともご丁寧に「Sama-Sama Express」という案内が出てるではないか!!

それを辿って飛行機を降りて5分ほど歩くと、

ドーーーーン!ありましたね。目立つやん。

IMG_2380

ちょっと写真の撮り方がアレですね、BARの方が目立つww
左にある白い壁のところがサマ サマ エクスプレス KLIA2(Sama-Sama Express KLIA2)の入り口。

まぁとりあえずチェックインするか・・・。

ってことでまずチェックイン!!!

ここで注意しないといけないのが、このホテルは6時間ステイプランと12時間ステイプランという風に、

時間によって料金が違う。そしてその時間にはチェックアウトしないといけない。

つまり到着してすぐにチェックインするのではなく、自分がチェックアウトする時間から逆算してチェックインしたほうがいい。

僕の場合は、翌日が8時台のフライトだったので、12時間ステイで5時30分チェックアウトを狙ったので到着後すぐにチェックインしたわけ。

さてサマサマホテルの中身を公開〜!!

チェックインカウンターを過ぎて部屋までの廊下
うん、別に普通だ▼▼

IMG_2382

僕の部屋は19番。扉の雰囲気・・・・うん、普通だ▼▼

IMG_2381

いざ部屋を開けてみると〜・・・うん、だから普通だ▼▼

IMG_2384 IMG_2385IMG_2383

普段から国内のビジネスホテルに月間10泊以上している僕からすれば、まぁ普通のレベル。

でも汚いとは感じなかったので満足!!

ただ1つ嫌だったのが「窓がない」ってことね。

他の部屋ならきっとあるのかもしれないけど、僕の部屋(19番)はなかったよね〜

ちょっと部屋も薄暗いし気分落ちるから、チェックインしてすぐ目の前のBERでビール飲んで読書タイムしてた。

IMG_2391

とにかくこの空港内もサマサマホテルもエアコン効きすぎで寒い!!!

だからホント、しっかり厚着していったほうがいいですよ。
特に僕みたいな寒がり屋さんは。

 

<VOL.04へ続く>


 

ロンボク島へ行ってきました!ポイント・波レポート書いてます▼▼

note_logo_catch

ブログでは書けないことが書かれています。どちらかというと初めてロンボクへサーフトリップする方にオススメです(僕がそうですからww)1記事300円からご購入いただけますので、ぜひ覗いてみてください。


<世界一自由なサラリーマン>

Sho Fujimoto/藤本翔

藤本翔 | Sho Fujimoto Mobile🌏Bohemian | Artist 💻| CD | 6months Living🏡Osaka
✈︎ 2months work at 🏢Tokyo ✈︎ 4months Traveling🌏World | Love my Family💓